ドローンでの空撮が期待される理由

ドローンでの空撮が期待される理由

     
    ドローンでの空撮は、映像がダイナミックであることや人間では不可能なアングルからの撮影が可能になるといったメリットがありますが、そのメリットを活かして期待されていることも多いです。

    現在、国内外を問わず多くの世界遺産や文化財が知られています。しかし、こうした文化財の中には保存・保全の必要性があるにも関わらず危険性が高い場所も多く、定期的な保全状況確認が困難とされている場所も少なくありません。例えば、世界複合遺産としても知られるマチュピチュは保全・保存を目的として1日に入場できる人数が限られているため、大掛かりな機材を持ち込んでの撮影が難しい場所としても知られています。日本でも長崎の軍艦島や広島の原爆ドームなど、ドローンで撮影した空撮での調査が行われています。
     

よりリアルな生態研究

     
    現在世界には絶滅が危惧されている動物たちが数多くいます。保護活動の一環として生態研究が進められている動物も多いですが、中には人間に対して警戒心の強いものや人間が滅多に立ち入ることができない場所に生息するものもいます。ヒマラヤのユキヒョウや沖縄のイリオモテヤマネコなどは滅多に撮影できない動物としても有名です。そうした野生動物たちの研究に役立つ資料映像として、ドローンでの空撮が期待されています。
     

人間が立ち寄れない場所での活躍

     
    ドローンは人間が立ち入れない場所での空撮を可能にしてくれるものです。例えば、ハワイは世界的に見ても火山の噴火が多いですが、多くの命を守るためには精度の高い避難警報の存在が欠かせません。日本国内の東京や関西の大都市圏でも万が一噴火した際の被害が懸念されているところは多いです。そうした場所を定期観測し早期に危険性を察知できれば、より確実に避難勧告を発表できるかもしれません。ドローンはそうした自然災害に対する対策でも活躍できるのではないでしょうか。

 

ドローンは様々な場面で活躍できるものとして、利用可能性が広がっていくものと考えられています。もちろん高層ビルの建設経過記録や映画やCMに使用するためのリアルで迫力ある映像を空撮することも可能です。