空撮で活躍する「ドローン」について

空撮で活躍する「ドローン」について

     
    昔なら多くの人や資金が必要だった空撮も、ラジコンヘリやドローン・マルチコプターにカメラを搭載することで、比較的容易に撮影することが可能になりました。こちらではマルチコプターについてご紹介致します。
     

    マルチコプターとは

       
      マルチコプターは、マルチローターヘリコプターの略で、マルチローターともいわれています。放射線状に複数取り付けられているプロペラを、バランス良く回転させることで飛行する無人航空機やラジコンヘリコプターのことを指します。遠隔操縦が主流ですが、自律的に飛行可能な物もあります。ローターの数によって分類されており、3枚ローターのトライコプター、4枚ローターのクァッドコプター、6枚ローターのヘキサコプターなど、様々な種類があります。
       

    注目度が高まるドローン・マルチコプター

       
      ドローン・マルチコプターはラジコンヘリを操縦したことがなくても、比較的簡単に離陸させたりホバリングをさせたりすることが可能です。しかし安全に操縦するためにはやはり技術が必要であり、慣れないまま操縦してしまうと事故を招いてしまうこともあります。空撮のために自社で購入する際は、技術を習得する時間がとれるかを確認することも大切です。定期的なメンテナンスも必要になってくるため、頻繁に空撮を行なわない場合は、プロの空撮会社に依頼することをおすすめします。
       
ドローン・マルチコプターを使って空撮、4K空撮をご検討されている方は、安全に素晴らしい映像を手に入れるためにも専門家に依頼することをおすすめ致します。
エアーカムジャパンは、沖縄、関西、関東を中心に空撮を行っている会社です。
ドローン・マルチコプターをはじめ様々なラジコンヘリや機材を使い、素晴らしい映像を撮影致しますので、空撮のことならお気軽にご相談ください。