空撮のご依頼ならエアーカムジャパンへ

空撮のご依頼ならエアーカムジャパンへ

     
    より身近になった空撮は、ビジュアルインパクトが強く、あらゆる場面で見かます。航空写真や報道番組だけでなく、CM・ドラマ・プロモーションビデオといったエンターテイメントなど幅広い分野で利用されるようになりました。
     

空撮が手軽となった現代

     
    空撮がこれほどまでに様々な分野で活躍しているのは、遠隔制御技術の発展によるものが大きいと言えます。また、高精細な4K映像撮影が可能になるなど、ビデオカメラも高性能ながら小型化、軽量化を実現し、GPS機能や振動対策技術も急速に進歩しています。以前は大型のヘリで行われていた空撮も、ラジコンヘリや複数の小口径ローターを持つマルチコプターを用いて手軽に撮影できる時代となったのです。
     

空撮をする際に重要視すること

     
    個人・法人問わず手軽にラジコンヘリやドローン・マルチコプターを活用して空撮ができる環境になったことにより、問題点や課題も浮き彫りになりました。第一に考えるべきことは、ドローンの飛行は危険と隣り合わせの作業であるということです。最新の機能が備わっているドローンでも機械には変わりありませんので、不具合が無いとは言い切れません。そのため、空撮を安全に行うには、十分な知識と確かな操縦技術を兼ね備えている必要があります。
     

安全に空撮を行うために

     
    空撮は自然が相手ですので、いつもの場所でも天候や状況によって良好な条件で飛行できるとは限りません。空撮映像を安全に手に入れたいのでしたら、万が一の時のスキルを身につけている業者に依頼をすることをおすすめします。
     
ドローン・マルチコプターでの空撮・調査、4Kのビデオ空撮のご依頼ならエアーカムジャパンへ。
エアーカムジャパンでは、事前確認や現場の状況、天候などを判断した上で安全性を第一に考えた飛行を心がけております。

空撮による事故を未然に防ぐためにも、空撮映像の入手はエアーカムジャパンにお任せください。撮影や費用に関することなど、お気軽にお問い合わせください。