空撮をご依頼頂く前に

空撮をご依頼頂く前に

     
    自由な飛行によってダイナミックな映像を撮ることができる空撮。
    おもに特殊効果撮影、橋や海、建築物の撮影、マンション建設などによる眺望撮影と様々な用途で活用されています。
    しかし、安全な空撮をするためには知っておいて頂きたい点がいくつかあります。

    例えば、高圧電流の流れている電線や鉄道付近では空撮が行えません。どうしても付近での空撮が必要な場合は、一定の距離をとって撮影する必要があります。また、空港など規制地域周辺は飛行できませんのでご注意ください。

    また、ラジコンヘリを安全に離着陸させるためには、水平面である必要があります。機体を水平に保てない場所であったり、急斜面になった場所は撮影が難しい場合もあります。さらに、高速道路や国道など、交通量の多い道路付近を空撮する場合、一定距離を保って撮影する必要があります。また、一般道路での撮影も事前に使用許可が必要となりますのでご注意ください。他には風が強い時はもちろん、雨天時や雷がなっている場合など、安全が確保できない場合は撮影できない可能性があります。

    このように、空撮をご依頼頂く際には事前に知っておいて頂きたいことがあります。
    場所や天候によっては対応できない場合もありますので、事前にご相談ください。
     

エアーカムジャパンでは、様々な業務に対応できるドローン・マルチコプターでの空撮を行っております。
沖縄独特の美しい海の撮影、東京の高層ビル映像、関西の文化財撮影など、様々なものを空撮致します。静止画から4Kの高精細な動画まで、ドローンによる空撮は幅広いシーンで活躍しますので、撮影業務・調査業務・建築物に関する業務を行っている企業様は、是非ご利用ください。
詳しい撮影条件などは「システム」ページでもご紹介しております。あわせてご覧ください。