ドローンでの空撮について

安全性に配慮した飛行

 

    安全
    弊社では、飛行の安全を最優先に空撮を行っています。
    ドローン(マルチコプター)は、どんな場所でも飛行できる訳ではありません。まずは事前に、撮影可能な場所であるか確認の上、飛行計画を作成します。当日の天候や現場状況を的確に判断の上、飛行します。
    安全に配慮した飛行に心がけています。

 

自由な飛行によるダイナミックな映像

 

    エアーカムジャパンでは実機ヘリコプターや、モーターパラグライダーの飛行高度以下の、地上0m~150m程度(有視界コントロール可能な高度)を自由に 移動・空中停止。PVやCMなど、各種映像、写真において、イメージ通りの撮影を致します。また地上モニタによるライブチェック機能や、独自のカメラぶれ 防止機能により、よりクオリティの高い作品に仕上げることができます。
    AIR CAM JAPAN PHOTO

 
 

地上でリアルタイムにモニタリング

 

    モニタリング

撮影中の映像や高度などの数値をリアルタイムに地上に送ることができます。これにより、撮影素材のクオリティの向上につながり、高度や方向などの数値を送れるので、測量や調査撮影などにも効果を発揮します。

 

 

    カメラ

 

マルチコプター(ドローン)空撮特徴

 

    • 実機では撮影できない低い高度や近距離からの撮影ができます。
    • モニターで、アングルを確認しながら撮影ができます。
    • 狭い場所や構内、人の近付けない危険箇所などでの飛行・監視・撮影が可能です。
    • 移動が簡単で、撮影のロスタイムがありません。
    • 機材搭載重量は産業用無人ヘリコプターで約15kg程度。
      小型ラジコンヘリで約2kg程度までペイロードがあり小型ハイビジョンムービー、CM撮影が可能です。
      ※持込みカメラの搭載は、事前の調整日数が必要です。
    • カメラからの映像はカラー地上モニターが可能です。
      アングル/フレーミング/抜けの確認などリアルタイムで行え、イメージ通りの撮影が可能です。
    • カメラパーンは360°方向、チルトは水平から垂直方向まで自由にコントロール可能です
    • カメラ雲台はスタビライザー機能が付いてます。
    • 高度計装備で指定された高度で撮影できます

 

適応業務

 

    • 映画/ドラマ/PV/CM/CF/等の特殊効果撮影
    • 鳥瞰映像をはじめ広告用撮影
    • 橋や橋脚などの調査/造成・造園等の土地調査空中観察・記録業務/建設・施工の経過記録
    • 橋や橋脚などの点検調査・記録/造成・造園等の土地調査
    • マンション建設などによる眺望撮影

 

上記の他にもご利用用途により更に多くの可能性があります。