空撮業務

    エアーカムジャパンでは改正航空法によるドローン飛行禁止区域での飛行許可を全国を対象に包括申請し国土交通省より承認をいただいているため、日本全国で安心して空撮をお任せいただけます。
    また、撮影機材は常に万全な状態を保ち、万が一の事態にも業務保険をかけて営業致しております。様々なニーズに合わせ、あらゆるシチュエーションでの撮影に対応してゆきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

    エアーカムジャパンでは下記のような撮影の他にも、お客様のニーズに合わせ、様々な撮影などに応えていきます。ぜひお気軽にご相談ください。

    オペレーター直通のお問い合わせはこちら

     icon-phone-square  090‐5135‐5301

 

 icon-film 映像作品撮影

 

    work1エアーカムジャパンの空中撮影をご利用いただくことで、より自由度の高い撮影が可能になり、映像表現の可能性が大きく広がります。
    たとえば、低い位置から撮影を開始して、そのまま動く被写体を追いかけながら上昇。さらに、被写体をフレームにとらえたまま追い越し目線の位置まで降 下・・・。など、今までのクレーン撮影や地上での撮影ではできなかった表現が可能です。さらに、地上でのリアルタイムモニタリングも可能ですの。PVや CM撮影などにおいて、表現の幅は無限大に広がります。
    また、実機ヘリコプターのように空港から離発着する必要がないので、運用面でのコスト削減にもなります。

 

 

 icon-pagelines 文化財撮影

 

    work2

    文化財の資料撮影、発掘調査地域の全体図、進行状況などを撮影します。高高度からの様々な角度から撮影をすることで、ドキュメンタリックな意味でも、資料的にもその価値は高まります。

 

 

 

 icon-eye 災害状況・環境調査撮影

 

    work3エアーカムジャパン空撮は、より地域にカスタマイズされた環境や災害調査に威力を発揮します。河川施設や災害のリアルタイム状況など、刻々と変わる環境変化にもエアーカムジャパンの機動力が、ニーズに合わせた撮影を可能にします。

 

 

 

 icon-hospital 建築物・眺望撮影

 

    work4建築中の建造物の進行状況や、劣化状況の撮影をします。また、マンションなどの建築中に階数による眺望変化の撮影、顧客へのプレゼンに効果を発揮します。 また、広告やポスター用に、公園施設や店舗などの全体図の撮影にも最適です。弊社では沖縄での景観撮影にも実績があり、今まで以上に、景観写真や映像の表 現の幅を広げることができます。

 

 

 icon-map-marker 地図用資料撮影

 

    work5エアーカムジャパンでは無人ヘリコプターを使うことによって、より地域にカスタマイズされた地図などの作成に役立つ、高解像度資料画像の撮影が低価格で実現可能です。